婦人

鼻づまりによる口呼吸は体に悪影響!原因を調べて早期改善!

医者と看護師

診療を受けた方が良い症状

耳鼻科は耳・鼻・のどの専門家です。普段何気なく使っている部位ばかりですが、トラブルが起こると一気に生活のクオリティが下がります。家庭で応急処置ができる場合も多いものの、呼吸困難など急を要する症状が出た場合はすぐに新宿にある耳鼻科で診療を受けましょう。

鼻の通りが悪いなら

ウーマン

口呼吸はやめましょう

人間の鼻というものは息をするために存在しますので、本来ならばいつでも通りの良い状態といえます。しかし、人によっては通りが悪く、口での呼吸をしている方もいることでしょう。ですが、鼻づまりくらいでは重大な病気とはいえないので、治療をせずに放置している方も多いはずです。確かに、年中通りが悪い状態がずっと続いているのならば、それは体質だと考えるかもしれませんが、口呼吸は体に悪いので、できることなら治したほうが良いでしょう。なお、鼻づまりを治す場合には対処方法として、ドラッグストアで買える市販薬を注入する方法があります。しかし、それでは一時的な解決にしかなりませんので、耳鼻科に行ってちゃんと診察してもらいましょう。

アレルギーの検査も

耳鼻科に通う場合に費用が気になる方もいるでしょうが、鼻づまりも立派な症状といえるので、国民健康保険を適応できます。そのため、三割負担(人によってはもっと安く)ですみますので、鼻づまりを診てもらっても高い治療費だとは感じないでしょう。なお、鼻に(目などにも)アレルギーだと思われる症状がある方も、耳鼻科での検査をオススメします。現在では、スギ花粉による症状だけではなく、ブタクサやハウスダストなどでもアレルギー性の鼻づまりがおこりますので、どれに反応しているのか調べてもらったほうが良いでしょう。検査で不快な症状の原因になっている物質が判明すれば、適切な対処方法をとってアレルギーを避けられるからです。

耳

購入する前に試してみよう

耳鼻科で診察してもらい、補聴器が必要だと判断されたら、まずはレンタルして試してみるとよいでしょう。実際に使うことで自分に合うかどうかがわかりますし、少しずつ慣れていきます。その際は信頼のおける専門店を利用し、こまめに来店して調整してもらい、二週間以上試してから続けられるかどうかを判断しましょう。

メンズ

放っておかないほうが良い

難聴と呼ばれる耳が聞こえにくい状態は、現在そのほとんどが高齢による加齢性難聴だと言われています。耳からの情報が減ると脳衰えて認知症などの病気の原因になってしまうこともあるようです。そのため医師の診断を受けて補聴器を勧められたら、放置はせずに前向きの検討することが必要になるでしょう。