ナース

鼻づまりによる口呼吸は体に悪影響!原因を調べて早期改善!

購入する前に試してみよう

耳

気軽に試せます

耳が聞こえにくいと感じたときは、早めに耳鼻科を受診して診察を受けましょう。聞こえにくい原因がはっきりしますし、適切な治療を受けることで改善する可能性があるからです。耳鼻科の医師が診察した結果、補聴器が必要だと判断され、なおかつ適合するかどうかを診察してもらったら、補聴器を使いましょう。ただ、初めて使用するときは、不安を感じて購入を迷うことがあるかもしれません。そんなときは、補聴器のレンタルサービスを利用するのもよい方法です。大きな特徴は、気軽に補聴器を試せる点にあります。まずはカウンセリングで困っていることなど現状をヒアリングし、さらに聴こえの診断を行い、一人ひとりに最適な補聴器を提案してくれます。そして、実際に使用した上で細かな調整をしてくれます。使用する中で少しずつ慣れていきますし、安心して使えることがわかります。慣れるまで試してみたいときはもちろんのこと、高額のため購入が難しいときにも利用しやすいなど、レンタルサービスにはうれしい特徴がたくさんあります。

信頼できる専門店を利用

音が聞こえにくくなり、耳鼻科で補聴器が必要と診断されたときは、すぐにでも購入したくなります。でも、実際に購入して使ってみると聴こえ方に満足できなかったり、雑音が多くて使えないなど、後悔する人もいらっしゃるようです。そんな失敗をしないためにも、購入する前にまずはレンタルサービスを利用して、実際にお試しをしてみるとよいでしょう。補聴器をレンタルするときは、気をつけたいポイントがいくつかあります。まず、信頼のおける専門店を利用することです。補聴器は耳型に合わせて選ぶのはもちろんのこと、細かな調整が必要になります。専門店なら一人ひとりに最適なものを選ぶサポートをしてくれますし、経験豊富な専門家が丁寧に調整してくれますので、自分に合うかどうかがわかりやすいです。また、できればレンタルしたら三日に一度は来店して、装着の確認と微調整を行ってもらいましょう。そして、すぐに判断することなく、二週間ほど様子をみた上で自分に合っているかどうか、使い続けられるかどうかを判断するように気をつけましょう。